天然水のウォーターサーバーを選ぶときの注意点

現在では安全で美味しいお水を飲みたいというニーズが高まっており、ウォーターサーバーをレンタルで提供して定期的に水を配達する業者も増えています。その中でも人気なのが山の湧き水や雪解け水などの自然から採取した水に最低限の浄水処理を施して提供される天然水(ナチュラルウォーター)です。天然水は適度なミネラルを含んでおり、自然な水の美味しさを味わえるのがメリットですが、天然水のウォーターサーバーを選ぶときにはその水の「硬度」に注意する必要があります。硬度とは端的にいえば水の中にどれだけミネラル(主にカルシウムとマグネシウム)が含まれているかを示すもので、ミネラルが多く含まれていれば硬度が高い水(硬水)、逆にミネラルの含有量が少なければ硬度が低い水(軟水)となります。

天然水は地層や岩石から溶け出したミネラルが少なからず含まれているので、事前に硬水か軟水かを確認してから選ぶことが大切です。特に、赤ちゃんは大人のように体内のミネラルを調節する機能が十分に発達していないので、ミネラルが多く含まれていると内蔵に負担がかかり、下痢をしてしまうことも少なくありません。このため、赤ちゃんの粉ミルクや離乳食づくりに安全なお水を使いたいときには、特に硬度が低い水を選ぶ必要があります。日本の天然水は口当たりがまろやかな軟水が多いですが、健康のためにミネラル豊富な硬水をあえて提供している業者もあるので、赤ちゃんの飲ませたい方やお腹の赤ちゃんに悪影響を与えるおそれのある妊婦の方はしっかりと確認しておきましょう。

なお、現在では逆浸透膜(RO膜)のフィルターで水の中のミネラルを完全に除去したピュアウォーター(RO水)をウォーターサーバーで提供している業者も存在するので、ミネラルが気になる方はこうした業者を選ぶのもお勧めです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *