浄水器の賢い選び方について

安全基準の高い日本では、水道の蛇口からひねったお水をそのまま飲料水として飲むことが出来ます。

しかし、飲むことが出来たとしてもそれが安全で、健康に良いかというとそれは別問題です。なぜなら築年数が10年以上たつと水道管はだんだんとサビてきて、20年たつと水道管の6割はサビでおおわれてしまうからです。その水を飲料水として飲むことは健康に良いとは言えないでしょう。ではどうすればよいでしょうか?それは浄水器を設置することです。一口に浄水器といってもいろんな種類があります。

例えば、蛇口に直結できるタイプもあれば、本体をキッチンシンクの脇などに設置するタイプさらには、本体をキッチンの下に設置するビルトインタイプと呼ばれる浄水器があります。選び方としては人それぞれですが設置スペースを考慮に入れることは重要です。一人暮らしの人やキッチンスペースに余裕がない方であれば、水道に直接設置することが出来る蛇口直結型がおすすめです。

水道水に含まれる有害物質を除去してくれますので、安心して飲むことが出来ます。カートリッジが小さいので交換頻度は高くなりがちですが、簡単に設置したい方にはお勧めです。別の選び方は、価格です。安い浄水器であれば3、000円程度からあります。さらに別の選び方は、カートリッジの寿命ですが、6か月で交換するものから24か月持つものまでいろいろですので、家族人数や予算に合わせて浄水器を選びましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *