各家庭に見合った浄水器の選び方とは

日本では水を供給する際は必ず、浄水場で塩素消毒をしてから配水されます。

このおかげで清潔な水をいつでも手に入れることができ、世界で数少ない水道の水を直接飲める国となっているほどです。しかし、塩素消毒をしていることで夏場になると水から薬品臭がすることがあり、直接口にするよりも煮沸消毒をしてから飲むことを浄水場では推奨されています。飲み水を毎回煮沸消毒するのは非常に手間が掛かるものですが、この問題を解決してくれるのが浄水器です。昨今では家庭向けの浄水器が各社メーカーからたくさん販売されており、各家庭に見合ったものを選びやすくなりました。

浄水器を導入する際の選び方としては、家族の人数・取り付ける場所・使用頻度を考慮するようにしましょう。選び方を誤らないことで快適に機器を使用できるので、じっくり時間を掛けて吟味することが大切です。浄水器は大きく分けて据え置きタイプ・取り外し可能タイプの2種類があります。さらに浄水可能な水量の違いもありますが、一人暮らしであれば1回で約2Lの浄水機能を持つものが利用しやすい機器です。

据え置きタイプとは水道管と直結した機器のことを指し、文字通り1度取り付けるとその状態で使用するのもです。水を供給するための専用蛇口が備わっていて、2L~10Lまでの浄水機能を持つ製品があります。この機器は飲み水や調理時に必要な分量の浄水処理をなされた水を入手できるので、家族で暮らしている世帯向けです。取り外し可能タイプは蛇口に取り付けるタイプで、必要な時にだけ蛇口に装着して使うのが特徴です。少量の水を浄水したい場合に活用でき、選び方としては簡易製品という位置づけのものといえるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *