浄水器の種類と選び方とは

浄水器の選び方には、その種類による選び方があります。

浄水器は大きく分けて四つの種類があります。蛇口に直接取り付ける蛇口直結型は、手軽に設置でき安価ですが、ろ過流用が少ないです。浄水タンクをシンクの下に着けてしまうビルトインタイプでは、ろ過流用が大きい代わりに費用が高くなります。ポット型のものは浄水器の中でもっとも安く手に入りますが、浄水にかかる時間が長く性能も高くはありません。

シンクの上に設置する据え置き型のタイプでは、お湯や水の使用と浄水を同時におこなえ浄水能力が高いが、設置の時に特別な工事が必要になります。このようにそれぞれの種類に特徴があるので、取り付ける場所や状況にあったものを選びましょう。搭載されている浄水カートリッジに使われているろ材種類によって、除去できる不純物の種類も変わるので、カートリッジの種類による選び方もあります。

例えば活性炭を使用したカートリッジは、カルキやカビの匂いの除去や次亜塩素酸の除去ができます。中空糸膜を使った使ったカートリッジでは、カビや鉄さび、大腸菌など一般細菌の除去をしてくれます。ROフィルターを使ったものでは、放射線物質やアスベストなど分子レベルの除去がおこなえます。また、いくつかの種類のろ材を組合せ一つのカートリッジにしたタイプのものをたくさんあるので、浄水器の使用用途などによって、適応する浄水カートリッジを搭載した浄水器を選ぶことも大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *