浄水器を一人暮らしで利用するときのポイント

水道水をきれいでおいしい水にできる浄水器は、一人暮らしでも便利なアイテムです。

特に古い賃貸では水道管の老朽化などの問題で水に不純物が混ざりやすいこともあるので、安心して水道水を使うにはあったほうが良いと言えます。また、ペットボトルの水の場合と比較すると、購入の手間やストックするためのスペース、そしてゴミが出ないといったメリットもあります。一人暮らしで浄水器を利用するときには、まず最初に蛇口のタイプを確認しておく必要があります。

蛇口直結型や据え置き型の浄水器は工事をしなくても自分で取り付けることができますが、蛇口のタイプによっては設置できないこともあるからです。設置が面倒な場合は水を注ぐだけで使えるポット型もあり、一人暮らしならそれで十分という人もいますが、一回に浄水できる水の量が少ないという欠点があるので、たっぷり水を使いたいという人は蛇口に設置するタイプがいいでしょう。

また、浄水器のカートリッジもチェックしておきたいポイントです。カートリッジに使われているフィルターは素材によって除去できる物質や性能が異なり、寿命も違います。浄水器を使うにはカートリッジの定期的な交換が欠かせず、これを怠ると不衛生な状態になります。寿命の短いカートリッジは頻繁な交換が必要で手間がかかりますし、本体が安くてもカートリッジが高くランニングコストがかかってしまうということもあります。事前に納得のできるコストと性能の商品かを確認することが必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *