お風呂に浄水器を設置する理由とメリット

浄水器というとキッチンで使用するタイプを思い浮かべることが一般的です。

しかし、キッチンだけでなくお風呂場に設置するタイプがあることもご存じでしょうか。お風呂場に浄水器が必要なのかと思う方もいるでしょう。もちろん、お風呂場に設置するのは飲むためではありません。お湯から余分なものを取り除き、肌や髪に優しい状態で入浴やシャワーができるようにするためのものです。飲むために水を浄化するのはわかりやすいですが、肌や髪に触れるお湯まで浄化する意味はよくわからない人もいるでしょう。

蛇口から出る水には、細菌の繁殖を防ぐ目的で塩素が入っています。この塩素による肌や髪への影響を考えると、浄化することが必要なのです。髪や肌はたんぱく質から構成されています。塩素の影響を受け続けると、たんぱく質が酸化したり分解したりして、髪が傷んだり肌が荒れたりする可能性があるのです。もちろん、塩素が残るお湯につかってもすぐに影響がでるわけではありません。

しかし、入浴やシャワーは基本的に毎日のように行うものです。それが何年も続けば、影響は避けられません。そこで、浄水器によって残留塩素を取り除き、柔らかく刺激の少ない状態のお湯にすることで、肌や髪への影響を最小限に抑えて入浴やシャワーができるようになるのです。浄水器を設置したお風呂であればカルキ臭もしないため、ニオイに敏感な人でも快適にお湯につかれます。肌が弱く荒れやすい人でも安心できるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *