お風呂で浄水器を使うメリットとは

飲み水に浄水器を使用している人は多いと思いますが、お風呂のシャワーにも浄水器をつける必要があるのという疑問を持つ人は多いはずです。

キッチンの水道水と同じように、お風呂の水道水にも消毒のための残留塩素が含まれています。この残留塩素は、水道水に含まれる細菌の繁殖を防ぐために、必要不可欠なものです。しかし、残留塩素には酸化作用があり、個人差はありますが肌や髪の毛に悪影響を与えることがあると言われています。残留塩素がお肌に与える悪影響とは、皮膚のタンパク質が酸化・分解されたことによるお肌のバリア機能の低下と角質層の水分不足です。

お肌のバリア機能が低下したり角質層の水分が不足してしまうと、ドライスキンと言われる刺激を受けやすい肌へと導いてしまい、肌トラブルを起こしやすくなってしまうのです。また、髪のキューティクルもタンパク質からできています。残留塩素によって酸化・分解されていまうと髪のキューティクルも傷んでしまうので、枝毛などの原因となってしまうことがあります。

また、お風呂に浄水器を設置すると独特のカルキ臭を除去することもできます。そもそもカルキ臭は水道水に含まれるアンモニアやその他の有機物が残留塩素と反応することによって発生しています。浄水器を使用すると、残留塩素を除去することができるので、水道水を使用したときの独特のカルキ臭を取りのぞくことができるので、臭いのない天然水のようなお湯でお風呂に入ることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *