お風呂につける浄水器

浄水器はキッチンだけでなく、お風呂にも付けるべきなのかも知れません。

水道水には安全な水を家庭に供給するため、塩素が含まれています。この塩素は蛇口から流れる水にも残留塩素として残り、食材のビタミンなどを破壊するほか、人の髪や皮膚にも悪影響を起こすことが分かっています。残留塩素はお風呂で髪や身体を洗ったとき、酸化させる作用があるのです。そのためにたんぱく質から出来ている髪の毛や皮膚が酸化・分解され、皮膚のバリア機能を低下させたり角質層の水分不足などを起こす可能性があります。

人にもよりますがドライスキンなどになりやすくなり、そこからさまざまな皮膚のトラブルへと進行するのでお風呂に浄水器をつけることが理想とえいるでしょう。お風呂を浄水するには元栓に装置を設置して家全体を浄水するものと、シャワーに取り付けるタイプがあります。シャワーに取り付ける浄水器のろ過材は2種類あり、活性炭と塩素低減剤である亜硫酸カルシウムやL-アスコルビン酸(ビタミンC)です。

亜硫酸カルシウムが現在は主流となっていますが、これは残留塩素と酸化還元反応を起こさせることで、塩素を減らし水素イオンと塩化物イオンなどの人体に悪さをしない物質だけに浄化されます。シャワー用の浄水器はさまざまなメーカーが販売していますが、選ぶ時のポイントとしては原水の残留塩素含有濃度に対して除去能力がどのくらいあるかが重要です。お風呂の塩素の臭いが気になったら、浄水器の設置を考えてみてはいかがでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *